参考書は必ず買う

PC

トラブルに対処できる

自作PCを作る際には、必ず一冊は参考書を購入するようにしましょう。特に初心者の場合にはどのように組み立てていけばよいのかわからない場合も多いので、自作PCを作るために必要な構成は何なのか、あるいは準備するべき部品は何なのかを調べることが出来る参考書を必ず確保しましょう。上級者である程度パソコンの知識がある場合には、パーツのスペックを参照できる本があれば選定の際にも便利です。自作PCはマザーボードの選定だけでなく、CPUをどうするかで使い勝手もかなり変わってきます。普段パソコンで映像編集をする方や、3Dグラフィックを扱う機会が多い方はCPUの他にGPUの搭載も検討するようにしましょう。メモリやHDDは完成してからでも増設はできるので、メモリ不足によるトラブルや、ハードディスクの容量が足りなくなった場合には、別途調達することはできます。普段パソコンを使うのはネット閲覧のみという方ならば、スペックにもパーツにも特段にこだわる必要はありませんが、自分好みの性能のPCを作ってみたい方はパーツの比較検討も必ず行いましょう。自作PCではPCの動作に関連するパーツだけではなく、外観をスタイリッシュにする装飾パーツなども多数あります。マザーボードが見えるように設計したり、PC本体が光るように改造したりなど自由な発想で組み立てることができます。自作PCを作る前には、まずどんな部品がほしいのかリストアップをすれば比較や検討が楽になります。