PCで何がしたいかが重要

パソコンを操作する人

目的によって変わるコスト

何を目的として作るのかによって、自作PCの相場は変わります。上を見ればキリがありませんが、一般的に自作PCの相場は三万円から十万円ほどです。十万円以上かけて特殊な機能を付加させる人もいますが、少数派です。メーカー製のPCが高いので、コスト削減のために自作をする人もいます。その場合は、相場はOS代を抜いて三万円前後となります。数千円ですが、メーカー製のPCよりも安くなるので、お金がない場合には有効です。極限までパーツを安くすれば二万円ほどでも作ることはできます。最近は安いパーツを使ってもそこそこの性能を発揮させることができるので、この値段でも普通に使えるPCが手に入ります。グラフィックボードやサウンドボードなど、必要不可欠ではないパーツはなしにして組み立てると、安価に済ませられますね。ゲームをしないというのであれば、これでも十分なはずです。すでにあるパーツを流用してコストを削減するのも、自作PCを作る際の常套手段となります。メーカー製PCではできないことがしたくて、自作PCに手を出す人もいます。最新の3DMMOがしたくて自作をする人は多いです。この場合は、グラフィックボードだけに安くても一万円ほど、高ければ十万円ほど使うことになるので、PC全体のコストは当然上がります。マウスやキーボードまでゲーム用の高価なものにするなら、総額で十数万円にはなってしまうことでしょう。ただ、メーカー製PCではできないことができるので、お金を注ぎ込む価値はあります。