用途で異なる組み込む部品

PC

オンボードならローコスト

自由な発想で自分だけのコンピュータが組める自作PCには、様々なパーツが必要ですが、用途に応じて用意するパーツは違ってきます。自作PCを組み上げる際、主に必要となる物は筐体ケースをはじめ、マザーボードとCPU、そしてメモリーやストレージです。そして電源ユニットも必須となっており、OSなどのインストールで光ディスクを使う場合は、DVDやブルーレイといった光ドライブも欠かせません。そのほか、冷却やエアフロー用の各種ファン、ならびにヒートシンクなども必要に応じて用意します。また、マウスやキーボードなどの入力デバイスも揃えましょう。PCでは画面を描画するグラフィックカードも必要になりますが、近年では映像機能がチップセットに組み込まれたオンボードグラフィックや、CPU内にてコアレベルで融合した製品も増えていますので、それらを使用する場合は、別途用意する必要はありません。ただし一体型のグラフィックプロセッサは専用のビデオメモリーを持っておらず、メインメモリーから一部分を映像用に割り当てるため、そのことを考慮してメインメモリーの搭載量を決めるのも得策です。同様に、音声機能もオンボードチップを活用すれば別途購入せずに済むため、費用を抑えて自作PCが組めます。しかしながら、自作PCで動画編集や音響関連の作業を予定している場合は、グラフィックカードやサウンドカードを個別に導入した方が快適になります。さらに、ポリゴンを多用したPCゲームをはじめ、近年話題のVRを存分に楽しむには、処理能力に優れたハイエンドなCPUが必要です。グラフィック機能も一体型プロセッサでは力不足のため、ビデオメモリーを十分に積んだハイスペック製品が必須となっており、できればサウンドカードも用意しておきましょう。