パソコンを操作する人

PCで何がしたいかが重要

メーカー製PCを選ばない理由によって、自作PCの相場は変動します。メーカー製PCが高いので自作をするというのなら、相場は三万円前後になります。逆にメーカー製PCではできることが少ないからという理由で自作するなら、相場は十万円ほどになります。
PC

参考書は必ず買う

自作PCをこれから作ろうと考えている方は、とにかく自分のPCの知識に合わせた参考書を購入しましょう。またパーツの選定については、必要とする性能にマッチしたものをいくつかリストアップして選ぶことで快適な動作が実現できます。
部品を持つ人

無事にPCを完成させよう

自作PCのパーツを購入するのなら、相性問題とケースのサイズに気をつけるようにしましょう。また、組立て時には体にたまった静電気が大敵となるので、除去グッズなどを利用してから自作PCを作成することをおすすめします。

男性

自分で作るPC

自作PCのパーツは東京の秋葉原で購入するか、インターネットのオンラインショッピング・サイトを利用することになります。価格比較サイトでは最新のパーツも激安で売っているお店を紹介していますので、おすすめです。
メンズ

自分でパソコンを作ろう

自作PCはオンラインショッピングで好きなパーツを購入して組み立てるだけなので意外と簡単です。数年後には最新のパーツに置き換えることも出来ますので、いつまで経っても最新のパソコンを使うことが出来るのが強みです。
パソコン

使用目的で部品を選択

設置性や拡張性から自作PCのパーツを選ぶほか、特定のソフトの利用が目的なら、その要求スペックがパーツ選びの目安になります。そして、電源パーツは最大電力だけで選ばず、+12Vなどの各電圧の必要量を計算し、それを満たす製品を選びましょう。

PC

用途で異なる組み込む部品

オンボードチップや一体型の各プロセッサを利用すれば、購入パーツを減らせるため、ローコストな自作PCが組めます。ただしポリゴンの最新ゲームやVRを存分に楽しむなら、高性能なCPUと、ハイスペックなグラフィックカードなどが必要です。

オリジナルマシンが組める

部品を持つ人

最新の3Dゲームにも最適

店頭では様々なメーカー製PCが並んでいますが、そのどれにも属さない自分だけのオリジナルマシンを構築できるのが自作PCの特徴です。ユーザーの予算や目的に合わせて自由にパーツを選ぶことで、静穏性を高めた省スペースPCや、タワーケースの超ハイスペックPCなどが自在に組めます。ただし全てのパーツを新品で組み上げた場合、自作PCは市販品より高くなるのも一般的ですが、そのスペックは同価格帯のメーカー製PCより、大抵ワンランク上のマシンに仕上がるのが特徴です。また自作PCなら、新品パーツと中古パーツを混在させて組むことができます。その場合、PCケースや先進性が重要でないパーツは中古品で安く済ませ、CPUやグラフィックカードなどは最新モデルの新品を購入するなど、予算を抑えて高性能マシンを作れるのも自作PCならではの特色です。そして一般ユーザーにとりまして、PCゲームを快適に楽しむためにも、自作PCは外せない選択肢となっています。近年の3Dゲームは推奨スペックが軒並み高くなっており、基本的にメーカー製PCでは力不足の傾向があるのです。その点自作PCなら、拡張性豊かなマザーボードに、複数コアの高クロックCPUやハイエンドなグラフィックカード、ならびに高性能なサウンドカードを搭載することで、最新ゲームも快適にプレイできます。さらに、それらのパーツの高負荷にも耐えられる大容量の電源ユニットなど、高速ストレージや放熱関連も含め、費用の掛け方次第では非常に強力なマシンに仕上げられるのです。